2009年06月04日

陰部がかゆい時の薬

◆陰部がかゆい時は
陰部がかゆい時はカンジダ膣炎にかかっているかもしれません。
病院に行って、診察してもらうのがいいでしょう。
もし、カンジダ膣炎の場合はネットで薬を購入することができます。

◆カンジダ膣炎とは

カンジダ膣炎の原因はカンジタという真菌の増殖です。
このカンジダ菌はカビの一種でもともと多くの女性の膣内にいる菌です。
カンジダ菌の量が少なければ問題にはなりませんが、異常に増殖すると、カンジダ膣炎を起こします。
過労や妊娠で、疲れて免疫力が低下している時、糖尿病、抗生物質を長期間服用した人などがカンジダ膣炎にかかりやすくなっており、セックスで感染する場合もあるそうです。


◆カンジダ膣炎の自覚症状

性器から肛門にかけて我慢できないほどのかゆみが出ることがあります。
ヨーグルト状または、カッテージチーズ状のポロポロしたおりものが大量に出ることがあります。
外陰部に付着して炎症が広がると、カンジダ外陰炎になり、粘膜がただれて痛みを伴うようになることあります。


◆カンジダ膣炎の治療法

膣錠を1週間〜10日用いる

ご購入はこちら




かゆみが強い場合は、抗真菌剤の入った軟膏を使う
ご購入はこちら





◆注意すること

カンジダ膣炎の発症原因が性交の場合は、パートナーも一緒に治療をするといいでしょう。

外陰部を清潔に保ちましょう。
気になるからと言って、石鹸で洗いすぎるとさらにかゆみが強くなることがあります。
お湯かぬるま湯で洗う程度にしましょう
糖尿病の人や体の弱っている人はかかりやすいので注意するといいでしょう。

※いずにしろ病院に行って、医師の診断を受けてから薬は購入したほうがいいでしょう。



posted by 陰部かゆみ at 06:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。